旦那もいる、美人の先輩にときめいてしまった

偶然再会した高校時代のマドンナの女の先輩とセックスができるか

雨の街を歩くにも、二人が濡れてしまうからと、綾香と洋介の持っていた傘に入れてあげようと言うことになった。当然、洋介の傘には、男子の先輩が入るものと思っていたが、どういう訳か綾香が入ってきたのだ。綾香が二人に気を利かせたらしいのだが、憧れのマドンナと相合傘となった洋介は、終始ドキドキのしどおしで、その日一日、どこをどう歩いたものかも覚えていないほどだった。「お茶したり、CDショップを梯子したりで、散々歩いたけど、洋介くんが自分を犠牲にして、私をかばうようにしてくれたから全然濡れなかったの」

「よく覚えていますね。そんなことまで」「だって、あっちの二人は、カップルなのにお互いが濡れないようにするものだから、結局二人とも濡れネズミで、最後は喧嘩までしていたじゃない」話しながら昨日のことのように、おかしそうに笑う綾香。その笑顔を見ているだけで、洋介は幸せな気分になれた。そして、何よりもあの時のことを綾香が覚えていてくれたことが嬉しい。「その時から、洋介くんってやさしい男の子なんだなあって、印象的だったの」くすぐったいほどの甘酸っぱい思い出に、たゆたう洋介と綾香。

そんな二人を現実に呼び戻したのは、ピーッと甲高く鳴ったケトルの笛の音だった。「あっ、お湯が沸いた……」そう言ってキッチンで立ち働く綾香の優美な所作を、洋介は飽かず目で追った。ラフに着こなした白いブラウスの裾が、細身のジーンズの腰の辺りで優雅に揺れている。ほどなくして綾香がティーセットを運んできた。「ああ、本当にお構いなく……」楽しげなクスクス笑いと共に、形のよい唇から白い歯がこぼれた。
お気に入りの子を見つけたら、しっかりとメルアド交換することにしています。だってほかの堺らへんのデリヘルに移っちゃうかもしれないじゃないですか。これ結構重要ですよ。


最新情報
2015/11/04 注目記事を更新しました。
2015/10/31 新着記事を更新しました。
2015/10/30 肉感的な身体を更新しました。
2015/10/27 乳房を押しつけられてを更新しました。
2015/10/25 凛とした先輩キャラを更新しました。
2015/10/23 柔らかい女体を更新しました。
2015/10/22 偶然再会した高校時代のマドンナの女の先輩とセックスができるかを更新しました。
2015/10/19 ホームページをリニューアルしました。

オススメ紹介
風俗火山風俗ターミナル風俗タイムス
地図で探したり、出勤情報や割引イベント情報をリアルタイムで検索日本全国のお得な格安チケットをびゅびゅんと簡単に探せます!全国最大級の風俗情報サイト☆優良店やNO.1嬢をスッキリ探せる!